FC2ブログ
【Starry☆Sky After Summer】犬飼隆文
2011年04月06日 (水) | 編集 |

犬飼く~んドキドキドキドキドキドキ





今日、スタスカ夏のアフターが届き、明日、パートに行けばしばらく休みなのでゆっくりやろうと思ったのですが、どうしても犬飼くんに会いたくて我慢できずにインストール→プレイ開始ドキドキ



メインの三人には目もくれず、最初から犬飼くん狙いでドキドキ



私、かなり犬飼くんLOVEなんです~。



犬飼くん自身も声の吉野さんもどちらもLOVEなんです~。



それだけに犬飼くんと恋愛できなかった本編は、すごくもどかしくて、犬飼くんと恋愛させてくれ~!!!と心の中で叫んでおりました(笑)



今回、アフターを買ったのも犬飼くんと恋愛したかったから。7~8割はそれだけのためですドキドキ



というわけで、犬飼ルートやりたてホヤホヤの感想ですアップ



★4月9日追記★



弓道部を引退した後、月子は生徒会の仕事に追われて相変わらず忙しい毎日を過ごしていた。そんな時、学科の違う犬飼くんと廊下で会い、俺でよければ力になるぞ~的なことを言ってもらう。そして最後の文化祭の日、文化祭も終わろうとしていた時、犬飼くんと会い、一緒にスターロードへ行く。



スターロードには二人で歩くと幸せになれるというジンクスがあり、犬飼くんは「一緒に来るやついなかったのか?俺でよかったのか?」なんてことを言い出すも、無様に転ばないようにと手を繋いでスターロードを歩く二人。



卒業後、同じ大学に進学し、相変わらず二人一緒に過ごすことが多かった月子と犬飼くん。



まるで恋人同士のような関係なのに付き合ってないと言う二人。そしてそんなのは変だと弓道部同窓会の時に白鳥くんが言いだし、それでも二人は否定。



いつものように二人で帰る途中、犬飼くんは「俺は身の程を知ってるよ。俺はお姫様の幸せを見守る農民だ。お姫様には王子様が迎えにくるものだ」と。でも、月子は「たとえ、王子様が迎えに来ても断ると思う。お姫様と農民が結ばれるおとぎばなしもあるかもよ?」と。



そして「なぁ、俺達いつも一緒にいるし、今さらだけど…つきあうか?」と。それを聞いて泣きだす月子。



「その言葉をずっと待ってた…」って。



「ごめん。キャラじゃないし言いそびれた。農民はずっとお姫様に恋焦がれていました。ずっと好きだった」とやっとお互いの気持ちを確認しあう二人。



犬飼く~ん。



あんなに男前なのに、自分のことになると臆病になっちゃうんだね。



おまけの話では、白鳥くんに付き合い始めたことを報告したものの、犬飼くんは白鳥くんの気持ちを知っていたせいか、月子に「俺より白鳥の方がお前にふさわしいんじゃないか」的な発言をし、「自信がないなら最初から好きだなんて言わないで」と激怒。そして駈け出してしまう。



公園でぼーっとしてるところで犬飼くんが迎えに来てくれて仲直り。



そして、犬飼くんは就職し、月子は院へ進学。



いつものラーメン屋で夕飯を食べてる時のこと、突然、犬飼くんが「まだ30になってないけど、結婚しねーか?これもらってくれ」とプロポーズ。でも、月子は「嫌」と拒否。理由はもちろん、もっとロマンティックなとこでらしい。そして犬飼くんも納得し、やり直しプロポーズを頑張るということに。



月子のことが好きなのに好きだと言わない犬飼くんや白鳥くんを思うあまり、月子に自分以外の人の方がふさわしいとか、情けないところもこのアフターではたくさん見えてしまいましたが、でも、ラーメン屋でプロポーズしてしまう天然にほっとしました。



やっぱり犬飼くんは犬飼くんだってね。



★追記ここまで★



あ~満足、満足ドキドキ



本編では、二人がお互いを意識し始めるところで終了してしまい、すごくもどかしかったし、その続きが気になってたので、幸せになった二人を見れてすごく満たされましたドキドキ



しかも、結構ドキドキさせられたし音譜



メインは、本編で結ばれてるのでその後の話が楽しみですが、3バカトリオは恋愛すら発展してないので、いちいちドキドキしてしまいます。



あ~、犬飼くんが現実にいたらいいのに~。



本当に素敵ドキドキ



頭はいいし、考え方も男前なのに、月子のことになると不器用っていうか、頭がいいゆえに月子を思って一歩引いてしまうというか、そんな彼が私は大好きですドキドキ



あ~、この興奮冷めやまない気持ちが伝わるでしょうか?



明日もパートなのに、この後もゲームしてしまおうかと思ってる私です…(笑)


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック