FC2ブログ
【Starry☆Sky~in Autumn~】水嶋郁
2011年07月04日 (月) | 編集 |

教育実習生として星月学園に来た郁。



元々は星月先生と知り合いだったとか。



最愛の姉を病気で亡くし、仲間には裏切られ、人を信頼できず、心が荒んでしまった郁。



当然、学園唯一の女子である月子に対しても馬鹿にしたような、からかって楽しんでるようなそんな態度でした。そして、怪我で保健室に来た生徒に実践と称して月子に迫る郁。



間一髪で星月先生が来て未遂で終わりましたが、最初は、何てやつだと思いました。



ことあるごとに月子に迫ろうとしたり、からかったり、もう、最低!この人!とゲームに向かってイライラしながらプレイしてました(笑)



恋愛はゲームと言う郁とそうじゃないと言い張る恋愛初心者の月子。



どっちが正しいか?期間限定の恋人になる二人。



陽日先生が生徒の悩みを聞いて、解決したと生徒に聞いた時、すごく嬉しそうだったと言う郁。どうして他人の事にあんなに一生懸命になれるんだろうと不思議がる郁に月子は「自分の大切な人や好きな人が笑ってるのを見るだけで幸せになる」と言います。それがいまいち理解できない郁。



そんな郁も放課後の屋上庭園で、たまたま居合わせた梨本の話を聞くという郁らしくない行動に。でも、月子はそんな郁の変化に喜びます。



少しずつ少しずつ月子に惹かれつつ、変わっていく郁。



でも、人を信じることができない郁は、やっぱり恋愛はゲームでしかないと言い、期間限定の恋人を終了します。



郁のことが本当に好きになってた月子は、星月先生に郁のことを聞き、郁のそばにいようと決意。でも郁はやっぱり月子を遠ざけ、さらに傷つけることばかりします。それでも怯まない月子に郁はとうとう本当の気持ちを口にします。




郁ってすごく繊細で寂しがりなんですよね。



プレイしながら、せつなくなりました。



ゲームの中でも郁が言ってますが、月子の気持ちを試すためにわざと月子を傷つけるような真似をして、でも、郁自身が傷ついてる。素直になりたいのになれない郁の葛藤が伝わってきて、泣きそうでした。



結局、月子の粘り勝ちといった感じでしたが、よかったです。


ラストは、結婚が決まり同棲をスタートするところでした。



相変わらずの独占欲にちょっと怖くなりましたが、月子が幸せならそれでいっか。私なら郁みたいなのはちょっと困るけど、でも、郁は好き!!!もちろん中の人のゆっちーもね。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック