FC2ブログ
【Starry☆Sky~in Summer~】ノーマルエンド
2011年02月12日 (土) | 編集 |

金久保先輩、宮地くん、梓くんのノーマルエンドです。

ノーマルエンドは、付き合い始めた数ヵ月後の話のようです。



<金久保誉>


部活を引退したある日、部活終わりの月子を迎えに弓道場へ来ます。そして月子と誰もいない生徒会室に。そして、月子のためにお茶をたてます。


先輩は、弓道も西洋占星術もやめて卒業後は、茶道を継ごうと思っていたそうですが、月子の「弓道も西洋占星術もやめてほしくない」という言葉に、全部続けて行こうと決めたようでその決意の証として、月子にお茶をたてる自分の姿を見せてなかったということで見せたかったようです。


まぁ、ラブラブ要素があまりなかったので私的には可もなく、不可もなくといった感じでした。



<宮地龍之介>


弓道部の部長となり、一年後のインターハイを目指して練習に励む弓道部。その休憩中、宮地くんのためにお弁当を作ってきたという月子。一緒に食べようと声をかけてるところに3バカトリオのチャチャが入ります。


月子の手作り弁当が嬉しいのに3バカトリオのチャチャで照れてしまい、休憩を切りあげちゃう宮地くん…そんな宮地くんが可愛かったです。


やっぱり宮地くん好き~。照れ屋なとこも、3バカトリオにからかわれるとこも。



<木ノ瀬梓>


卒業まであと半年になった部活帰り。卒業したら全寮制で高校生の梓くんと大学生の月子。中々会えなくなるなってしまう。でも梓くんはそんなの気にしてない様子。だって「先輩は僕に夢中ですから」なんてことを言っちゃうあたりさすがですね。


梓くんは「僕を待ったりしないでください。走っていっていください。僕はすぐに追いつきます。そして先輩を超えます」なんて月子に言います。


普通「待ってて」って言うところを「待たないで、走り続けて」なんて言うところが梓くんらしいですね。素敵です。大人です!






にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック