FC2ブログ
【Starry☆Sky~in Summer~】宮地龍之介
2011年02月07日 (月) | 編集 |

娘の熱はどうやら、アデノウィルスが原因だったようで昨日から目が充血してて、今日の夕方には内出血で真っ赤に…あせる午前中は小児科→夕方は小児科の紹介状を持って眼科へ。結果、アデノウィルスの疑い有ってことで明日からしばらく幼稚園お休みで引きこもりです…熱もほとんどなくて本人はいたって元気なので、引きこもりはしんどいかも…はぁ…



というわけでスタスカのレポで~す。春の友情エンドがUPしていませんが、先に夏組に入っちゃいます音譜



春をフルコンプしてから、夏をプレイするまで少し間があきました。正直、春はちょっと物足りなかったのでこのままだと、夏を楽しめるか不安だったのともう一つの趣味もそろそろ始動開始しなきゃいけなかったので、少しPSPはお休みしてました。でも、ふと夏もやりたくなり、ようやくプレイ開始です。

一人目、宮地龍之介くんグッドエンドです。

夏は、グッドエンド、ノーマルエンド、アフターエンドの三種類だそうです。



夏は弓道部での物語でした。



宮地くんは、「華ヤカ」の勇様を思い出させるキャラでした。話し方や言葉の言い回し、声のトーンなんかが私の中で勇様と重なり、結構ドキドキしましたラブラブ



勉強と弓道にしか興味のない、昭和を感じさせる宮地くん。ちょっと不器用だけど、優しい一面も持ち合わせてる彼をちゃんと理解している月子。同じ学年で一緒に頑張ってきた二人が恋に落ちるのも無理はないですよね~。まぁ私がそうさせてるんですけど(笑)



宮地くんは最初、月子に対する自分の気持ちから逃げていました。きっと初めての恋で怖かったんでようね。今までライバルであり友達であった、月子とのいい関係が壊れるのが怖かったんだと思います。でも、月子から目が離せないし、自分の意思と反してどんどん彼女に惹かれていく自分。



インターハイも終わったある日の練習中、髪が伸びて前髪が鬱陶しいという彼に月子は一時しのぎで髪留めで前髪を留めてあげるのですが、その時、彼の気持ちが溢れてしまうんですね。つい、チュッと…ラブラブ



自分のしたことが信じられなかった彼は、月子を避けるようになります。そしてとうとう「あのことは忘れてほしい」なんて言ってしまいます。本当は忘れてほしくないくせに…でも、月子は「宮地くんが忘れても私は忘れない。ずっと覚えていたい」と言います。



女の子にそんなセリフ言わせるなんて、男らしくないぞ~宮地!!と思ったと同時に月子が可哀想で泣きそうでした。でも、梓くんのナイスフォロー?で月子を取られたと思った宮地くんはとうとう、月子に本当の気持ちを伝えます。



さすが、梓くんビックリマーク最初はナンパっぽくてチャラいなんて思ってごめんね…



二人は無事、想いが通じて恋人に。そして四年後?彼の家で夕食までごちそうになるほどの仲になった二人に、結婚話が持ち上がります。きっと大学三年生くらいかな?宮地くんの両親が大学卒業したら結婚しないのかということを宮地くんに聞いたそうです。その流れでプロポーズになり、驚きつつもOKする月子。



結婚式には、弓道部の仲間も呼びたいと言う月子に「お前のキレイな姿はだれにも見せたくない」と…



きゃ~ドキドキ



あんな昭和っぽい感じだった宮地くんがちゃんと、男の人になっててドキドキしました。やっぱり私は低い声で男らしいキャラに弱いみたいです…得意げ






にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック