FC2ブログ
【Starry☆Sky~in Spring~】七海哉太
2011年01月28日 (金) | 編集 |

最後の一人、七海哉太ベストエンドです。



声が杉田智和氏で楽しみにしていたのですが、ときメモGS3の流夏くんとはキャラが全く違うので流夏くん声しか知らない私にはちょっと変な感じでした。



でも!!



時々、哉太の独り言みたいなつぶやくセリフがおもいっきり流夏くん声で、萌えましたラブラブ囁くようなセリフは、きっと流夏くん声になるんでしょうね~。



哉太は体は弱いけど、泣き虫で元気いっぱいの純粋な少年って感じでした。いつも月子や錫也にお説教されているやんちゃ坊主で恋愛にも不器用な感じでとっても可愛かったです。



月子のこと好きなのに好きって言えなくて、羊に背中を押されて告白しても月子から避けられるし、可哀想でした。哉太も月子と一緒にいられなくなるなら元の「幼馴染」に戻った方がいいと苦渋の決断をします。でも、哉太の想いが月子に届き二人は恋人同士に。



でも、羊や錫也と違って、照れ屋で恋愛に不器用な哉太は、ちょっと手が触れただけで顔を赤くしたり、距離が近かっただけで照れたり、キスしようにも中々できなかったり…付き合ってることも羊や錫也には中々言い出せなかったり、どこまでもピュアでした。



羊や錫也とは違って甘いセリフやキスもあんまりなかったけど、違う意味でこっちが恥ずかしくなるくらいピュアな二人でしたラブラブ



学園卒業から五年後の結婚式では、病気も完治して天体写真家になった哉太は自分の結婚式だというのに遅刻してくる始末。やっと来たと思ったら月子を抱き上げて「すっげーキレイ」とか高校生の時には照れて言わなかったような甘いセリフを言っていました。






にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック