FC2ブログ
【華ヤカ哉、我ガ一族】参男:茂
2011年01月25日 (火) | 編集 |

体調もほぼ復活したようなのでレポの再開です。



宮ノ杜家の参男:茂様。



このルートでは、当主、玄一郎がいかに人でなしかがよくわかりました。というか、茂様が人間扱いされてなくて可哀想過ぎました…プレイしながらちょっと辛かったです。



長男は財閥の母親を持ち、次男は茶道の名家の母親を持つのに対して茂様は芸者の母親から生まれた子。それには理由があって、玄一郎が長男・次男に対して卑しい身分から生まれた子が宮ノ杜で蔑まれながらどのように育ち、どのように当主争いに参戦するか見たかっただけのようでした。なので茂の母、静子が産んだ子が欲しかったわけではなく、卑しい身分の子が欲しかっただけのようでした。



薄々そのことに気付いていた茂様は、玄一郎の口からハッキリと聞くと殺意をむき出しにしますが、殺せず…



その茂様を逆に利用し、玄一郎は腕の立たない茂を佐伯家の舞踏会に連れて行き、茂を首相殺しに巻き込みます。



玄一郎と暗殺者に利用された茂様は身も心もボロボロになり、人格さえ変わってしまいそうでしたが、はるのおかげで何とか持ち直します。



はるからの誕生日プレゼントを投げ捨てたり、いじわるなことばっかりしてきた茂様でしたが、いつしかはるが自分にとってかけがえのない存在であることに気付きます。



年末の別荘では、はるに好きな人がいることを告白。そして…



30代主婦のゲーム日和-SH3I0117.jpg

みんながいる中でこっそり手をつなぐ茂様。



あ~ラブラブこういうのダメです、私ラブラブこういうシチュエーション大好きドキドキ



今まではるにしてきたことを考えると「好きだ」と言うことはできないと考えつつも、はるに対して「好き」という気持ちを抑えきれない茂様ドキドキ



30代主婦のゲーム日和-SH3I0118.jpg

別荘から帰ってきた翌日、眠ってた茂様に雪でいたずらをしたはるをベッドに押し倒しちゃった茂様ドキドキ



きゃ~ドキドキ



しかもささやくように「してもいい?」とか「僕はしたい」とか言うから私までドキドキしちゃったじゃないですか~!!あ、ちなみにこの場合の「したい」はキスですよ?一応、大正時代なので(笑)



いつもは女性っぽさが前面に出てる茂様なのに、このシーンはすごく男らしさを感じるのは私だけでしょうか?普段、女性っぽい感じな分、こういう男っぽいことするとそのギャップでドキドキしちゃいます~ドキドキ



こんな感じで順調に恋を育んでいくはずだったのが、またもや玄一郎に邪魔されることに…



はるの大切さに気付き、当主よりもはるを選んだ茂様は当主争いから離脱します。そのことが玄一郎の怒りに触れ、暗殺者殺しを命じられてしまいます。また苦しむ茂様ですが、はるのためと命令を聞く決意をし、それが終わったらはると結婚することを誓います。



…が。



はるは、茂様に関して知ってはいけないことを知ってることなどを理由に解雇され誰にも言えないままお屋敷を去ります。



はるが解雇されたことを後で知った茂様は、堪忍袋の緒が切れ、玄一郎を殺そうとしますが、暗殺者と出くわし、結果的に父親を守ることになり、当主となります。



このままはるとは離ればなれか…と思いきや、千富さんと兄弟のおかげで茂様は宮ノ杜から解放され、無事、はるの元へ…



茂様ルートは本気で泣けました。



そして、使用人頭の千富さんのはると茂様を想う気持ちに心打たれました。






にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック