FC2ブログ
【夏空のモノローグ】篠原涼太*感想
2015年08月27日 (木) | 編集 |
最近、InstagramやTumblrなどのアプリ?が流行ってるようで、ブログ人口って減ってるのかな…と寂しく思ったりしています。


私は大学時代のレポートや卒論を書いてた名残りなのか、FC2のアプリでもInstagramやTumblrでも、文章を書くのは苦手なんです。ちゃんとPCで文字を目で追いながら、考えながら打ち込んでいかないと、納得のできる文章を書けないんですよね…


スマホの小さい画面で片手で打ちながらだと、どうしても落ち着かなくて、ブログやブクログなど、文章を残す時はPCからやるようにしてます。


その辺が年寄りな感じですよね…(=_=)
若者はアプリでサクサクっと更新しちゃうんでしょうね…


でも、私は私のスタイルで頑張る!www



他のゲームに浮気したい気持ちを堪えて、二人目の篠原涼太くんを終えました。今回も辛口になるかと思いますので、お好きな方は読まないで下さいね。

※ネタバレ及び辛口を含む場合があります。ご注意ください。
読み進める場合は個人の責任でお願いします。


篠原涼太(CV.代永翼)


どんだけ読書好きなの???と思うくらい口を開けば「読書の邪魔をしないで下さい」と言う篠原くん。


でも、このセリフも結局、彼が記憶を維持できない病気だからだったんだよね…


同じ本を読んで、同じセリフ「結構面白い~云々」が飛び出してきた時点で彼は覚えてられない?記憶障害?っていうのが何となく見えたし、主人公の執着ぶりを考えるとあのラストは何となく予想がついたかな…と。


記憶を維持できない病気、それでもそばにいることを選んでくれた主人公と「明日」に向けて歩むことを決めた彼の姿、そしてクジラの話を思い出した彼には感動したけど、泣けるほどではなかったかなー。


篠原くんルートでも主人公はどちらかと言えば、自分勝手で部長さんがループを止める方法を見つけたとみんなに報告した後に「ループを止めるのを待って」と詰め寄ったり、反応のない部長さんに「篠原くんのこと大切じゃないんですか!!!」とか、ものすごい独りよがりというか、周りのことを考えてないというか、すごくイライラしました。


そして部長さんの「彼の病状は悪化している」という冷静な分析の方が納得ができたし、ループを止めないと、みんながおかしくなるという考えの方が共感できました。


主人公が合わなくて本当に辛い…


やっぱりこのゲーム、あんまり楽しめなくて、投げ出したいと思ってる私がいます。


やっぱり他のゲームと並行してやらないとフルコンはキツイ気がする…Vitaみたいにトロフィーの獲得率でも表示されたら、多少は頑張るんですけどね…
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可