FC2ブログ
【神々の悪戯】ハデス*感想
2015年01月05日 (月) | 編集 |
自宅に戻ってきてやっとPCが使えるようになったので、感想を順次UPしていきます!


その前に、今朝、ブログ村のランキングを見たら、乙女ゲームの注目記事3位まで上がってて驚きました。


ブログ村に登録こそしてるけど、上位を狙おうとかは全然考えてなくて、乙女ゲーム仲間さんが一人でも増えたら嬉しいな程度なので、たまにこういうことがあるとホントにびっくりしますw


でも、こんな拙いブログでも遊びに来てくれる人がいて、拍手下さったりして、とても嬉しく思います。


ありがとうございます!!!


いつ更新が滞るかわからない気まぐれな管理人ですが、いつでも遊びに来て下さいね♪


さて、ここからは【神々の悪戯】のギリシャ神話ハデスの感想です。
※ネタバレ及び辛口を含む場合があります。ご注意ください。
読み進める場合は個人の責任でお願いします。

神々の悪戯
ハデス(CV.小野大輔)


同じギリシャ神話の神、アポロンの叔父しかわからず、ゼウスとどんな関係か、このゲームをプレイした時から疑問でした。もちろん、アポロンと親戚関係にあるのはわかってましたが、アポロンの父親が誰でとか、そういうことは全く知らなかったので、やっと謎が解けました。


まず、アポロンの父親はゼウスでゼウスの兄にあたるのが、このハデス。


兄弟なのに何でゼウスに憎しみを抱いてたのか、それもハデスルートでやっとわかりました。


父親の領土を兄弟で分ける時に一悶着あったようです。


その決め方に問題があったわけではなく、自分より劣るゼウスが天空の神になったことが許せなかったとか。


確かに学園に呼ばれた神々の中で一人大人という理由だけでなく、彼の性格上、気配りもできるし、思いやりや優しさもある。そして何より仲間を心から求めてるというところはゼウスよりもふさわしい人材かもしれないと思いました。


でも、自分は元々不幸を呼び寄せる上に冥府の神だからとか、理由をつけては仲間を主人公を遠ざけようとする、その心持に悲しくなりました。


大切な仲間だから、不幸になるのを見たくないという気持ちはわかりますが、でも、もう少し仲間の気持ちに応えてもいいんじゃないかと思うほどでした。


確かに死者の怨念がアポロンに乗り移った時には胸が痛くなりましたが、彼が一瞬でも解放されたことにはよかったと胸をなでおろしました。そしておじさんと慕うアポロンと苦しみを分かち合うというEDには泣かされました。


一方で、ハデスを迎えに行った主人公に「振り向くな」と言っておきながら、それを守った主人公を突き放すなんてひどい!と思いました。確かに愛する人の幸せを願ってのことかもしれないけど、でも、主人公は二人でいたいと思って迎えに行ったのに、この分からず屋!と思いましたw


大人ってどうしてこうなんでしょうねwww


だから、主人公が振り返った時、驚いてる割には嬉しそうなEDだったのには、ちょっとホッとしました。そして大人の本領発揮!な感じでしたねw


あー、もっとやれー!と思ったら、終わってしまって簡単な後日談もなくてちょっとガッカリw


大人なルートなんだからもう少し、こう、何か欲しかったんですよ!www


FDに期待します♡
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可