FC2ブログ
【Binary Star】隠しキャラ*感想
2015年03月04日 (水) | 編集 |
まだ咳はするけど、快方に向かってるな~と思ってた我が子がまた体調崩して、今日も学校&仕事お休みです。


熱はないのに、だるいと言ってて食欲もなく、顔色もイマイチだったので休ませました。


先週も微熱しか出なかったから熱がこもってるのかな~。パーッと熱が上がっちゃえばよかったんですが、どうもスッキリ治らなかったみたいですね。


昨日一昨日と学校に行けたので安心してたのですが…
明日はどうなるかな。


早く元気になってほしいものです。


子も風邪薬飲んで寝てるので、【Binary Star】の隠しキャラの感想です。

※ネタバレ及び辛口を含む場合があります。ご注意ください。
読み進める場合は個人の責任でお願いします。

※「BinaryStar」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


ナナセ・イヅキ(CV.吉野裕行)


隠しキャラは、この人でした。


アカツキの天遣のリーダーである、ナナセ・イヅキ。


主人公、チカイ、レイラ、ミクト、ユン、それぞれの過去に関わってた天遣。そして、色んなものを抱えてる苦労人。


このルートは真相ルートと言ってもいいくらい、すべての謎が解けるルートでした。


昔はディーラーであろうと、ホシクズであろうと、大人でも子供でもホシに関わった者は殺すという星典だったため、チカイやレイラは殺されそうになっていたところを、イヅキとジロさんが監視をつけるということで命をつないだこと。


ミクトの兄サクトも殺されそうだったのを、ジロさん達が逃がしたこと、キリに関してはアユミが遠縁に連れて行くということで話がまとまったこと。


そして主人公の両親は、天遣の情報ミスで天遣に殺されてしまったこと。


この5人は正式な天遣ではなく、実験として天上組織から監視されていて、それをクリアしなければ正式な天遣になれないことなど、謎という謎が解けました。


アユミは、ホシクズ同士の両親の間に生まれ、生まれながらにしてホシクズのような感情を持ち合わせてしまっていたため、主人公の両親が殺されたあの日、真実を知って絶望し、悪の道へ進んでしまった。


ジロさんとナナちゃんが抱えてるものが大きすぎて、もう泣けてきました。


でも、真実を知っても尚、ナナちゃんについていこうとしたみんなは本当に素敵でした。


アユミも国を本当の意味で平和にしたいという気持ちは、天遣の頃からのブレない目標だったんですよね。ただやり方は間違ってしまったことと、ホシクズの間に生まれてしまったために感情に負が生まれてしまった。それが気の毒で仕方ありませんでした。


形は違えど、みんな根底にある気持ちは同じなんだと、そう思いました。


一人で色んな物を抱えて任務をこなしてきたナナちゃん。


これからは、頼れる部下と一緒に国を平和にするべく頑張って欲しいなと思いました。そして、誰よりも幸せになってほしいと思わずにいられませんでした。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可