FC2ブログ
【Code:Realize】サン*感想
2015年02月08日 (日) | 編集 |
2/12発売の【百華夜行】がものすごい気になり始めました。


タイトルと絵は何となく知ってたけど、勝手に「歴史もの」だと思い込んでた私。


でも、予約した人や予約を迷ってる人のつぶやきとか見ていて、どんなものなんだろうと気になり、ちゃんと公式HPを見ると、キャスト陣は気になる人ばっかりだし、あらすじも私的には気になる感じ。


百華夜光 予約特典(ドラマCD)付百華夜光 予約特典(ドラマCD)付
(2015/02/12)
PlayStation Vita

商品詳細を見る



今更だけど、予約しようかと悩んでるところです。


買うなら通常版かなぁ…でも限定版とか店舗特典ドラマCDも気になるし(>_<)


どうしよう…
と悩みながら、【Code:Realize】を順調に進めてる私ですwww


昨日、クリアしたサンの感想は続きからご覧下さい。

※ネタバレ及び辛口を含む場合があります。ご注意ください。
読み進める場合は個人の責任でお願いします。

※「Code:Realize ~創世の姫君~」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します


サン・ジェルマン(CV.平川大輔)


主人公たちを自分の屋敷に住まわせる、変わった伯爵。


面白そうだからと、見ず知らずの人間を住まわせるなんて怪しいと思ってたけど、やっぱり、普通の人ではありませんでした。


まさか彼も人間ではなかったとは、かなり驚きました。


そして、主人公を殺す(抹殺)するための役割を担ってたなんて…


確かに彼女のホロロギウムは人を滅亡に追い込むかもしれない。でも、それは彼女が悪いのではなく、彼女を創ったアイザック・ベックフォードが悪の根源なのでは。


サンも彼女と過ごすうちに彼女には罪がない。創られた、生かされた人形とはいえ、彼女は生きてる。そしてみんなと日々を過ごすのを見ていて、余計に殺せなくなったのかなと思いました。


サンも過去の過ちがあるから、今回の任務は必ず遂行するという固い決意があったとは思うけど、彼も根っからの悪い人ではない。過去の少年のことからもわかるように、きっと情に深い、心の優しい人。だからこそ、今まで歴史を正しい道に導くためとはいえ、人を殺し続けてきたことに罪を感じてる。そして少年を助けれなかったことも。


サンの背負ってるものや、気持ちを考えるとすごくせつなくて、泣きそうでした。


自分の気持ちに素直になりたいのに、イデアの使徒という立場がそうさせてくれない。オムニブスに逆らうことは許されない。


すごく可哀想でせつなかったです。


と同時に、彼女に躊躇いなく触れた彼を見て、感動もしました。


そんなにも彼女を想っていたんだと。


そして生きるためにオムニブスに頭を下げたサンは、とっても素敵で輝いて見えました。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可