FC2ブログ
【BAD APPLE WARS】アルマ*感想
2016年05月19日 (木) | 編集 |
こんばんは。
本日、二つ目です。


先日、【BAD APPLE WARS】を始めたとチラッと書きましたが、意外にも面白くて、昨日には一人目のアルマが終わり、今日は二人目、ヒガのハピエンが終わったので、感想を残しておかないとと思い、こうして書いてます。


なので、早速、感想に入りますね。


※ネタバレ及び辛口を含む場合があります。
読み進める場合は個人の責任でお願いします。

※「BAD APPLE WARS」のバナーに使用されている画像の著作権は、アイディアファクトリー株式会社に帰属します。


アルマ(CV.櫻井孝宏)


BAD APPLEこと、ワルイ子のリーダー的存在。


ネバー学園って、天国でも地獄でもない死後の世界なんですよね。
たぶん、現世で未練だったり、やり残したことのある魂が集う場所。


そんな感じがしました。


アルマはみんなのために、自分を押し殺し、常に行動していました。


そんなアルマに悲しい思い出があったとは思いませんでした。


確かに、ネバー学園は何かしら成仏できない理由がある魂が集う場所だとは思いますが、それでも、アルマが幼馴染で最愛の人を失くしてたなんて思いもしませんでした。そして、生きる希望を失った彼が自ら命を捨てたなんて…


主人公がアルマに触れることで時折見る、現世での記憶では、幼い二人の他愛もない約束「おじいさん、おばあさんになってもずっと一緒にいよう」から始まり、病魔と闘う女の子と彼女を治したい一心で医者を目指すアルマ。そんな二人が病気という運命に引裂かれてしまう。


彼女を失ったアルマの絶望は計り知れません。


それなのに、サンズという大切な仲間を失い、記憶の混濁が進行するほど、自我を失いかけた姿は痛々しくてみていられませんでした。


主人公と彼女を重ねてしまったのは、記憶の混濁の他に、主人公が彼女の生まれ変わりだからかな~と薄々感じていました。懐かしいと表現したり、現世での名前でアルマを呼んでみたりしたので、まさかと思いました。


だからかな~。


禁忌のりんごを食べ、魂が現世へ戻った後、医者になったアルマと事故に合った主人公が再会した時、色んな思いが溢れてきて泣いてしまいました。


二人がネバー学園での記憶を失ってしなかったこともそうだけど、ちゃんと再会できたこと、そして、やっと二人が幸せになれることを思ったら、胸がいっぱいでした。


ただ、医者としてキャリアを積んだアルマと高校を卒業した主人公では歳が離れすぎてて、大丈夫か?と思ったのは内緒ですw


それにしても、ネバー学園がただ意地悪な学園ではなく、実は生還させるために相応しい魂を選別するための試練があの破れない校則だったとは、驚きました。


だって、先生たち変だったし、風紀委員も怖かったし、まさかそんな意味があるとは思わないですよね。でも、苦難を乗り越えてこその生還なのかな。彷徨える魂たちの集まりだったみたいだから。






にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可