FC2ブログ
【NORN9 VC】加賀見一月*感想
2015年02月09日 (月) | 編集 |
仕事が憂鬱で仕方ないです。


味方を作ろうと必死なベテラン勢がこぞって話しかけてくるからウザイ。


あまり人と関わらなくていいと思って今の仕事を始めたのに、関わりたくなくても関わられてしまうという…今日は、もうやる気がなくて、ダメダメでした。


あ、ミスはしてませんけど、モチベーションがね…


というわけで、ブログでもUPして、趣味の世界に没頭します!


【NORN9 VC】の最後、加賀見一月の感想です。

※ネタバレ及び辛口を含む場合があります。ご注意ください。
読み進める場合は個人の責任でお願いします。


加賀見一月(CV.遊佐浩二)


PSP版をプレイした時は遊佐さんに夢中で遊佐さん目当てでこのゲームを買い、遊佐さんだからという理由で一月推しになりました。


でも、今、少し遊佐さん熱が下がってて、一月を冷静な状態で見ることができました。


本音を常に隠してて、本気で人と向き合おうとしない。
人当たりがいいだけの一月。


そんな一月が真面目でまっすぐな深琴に惹かれるのはごくごく自然なことなのかなーと思いました。前は何で一月があんな気の強い子に!!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!って思ってましたけど、案外いいバランスなのかもしれないと思いました。


深琴も軽くて不真面目な一月にイライラしてたけど、でも、彼女は彼女で肩の力を抜かなきゃいけない状態だったし、二人一緒で飽和状態になっていいのかも?w


一月は軽くて不真面目なだけじゃなくて、深琴を、みんなを守るためにロンと一人で交渉に応じたり、実は仲間想いの熱い男なんだなーと思いました。ただ、勝手に深琴から能力を奪うのはどうかと思ったけどねー。


それに一時的とは言っても、二つの能力を自分の体に閉じ込めてよく無事だったなーと思いました。


確か二つ以上は許容範囲を超えるから無理とか言ってなかったっけ?


一月はHAPPY EDよりもBAD EDの方が印象が強いですね。


悲しいけど、でも、夢使いの一月が好きな子を悲しませないための唯一の方法。
一月らしい最後だと思いました。


PSP版と移植版をプレイしてみても、やっぱり一月は好きだなーと思いました。


軽くて不真面目で本音が見えないつかみどころのないヤツだけど、でも、時折見える仲間想いのところや本気で好きになった子への深い愛情、真面目に愛を囁くところとか、やっぱり好きだな~って思いました。


これで【NORN9 VC】は終わり。


3月発売のFDまでに終わることができてよかった♪www
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可