FC2ブログ
【レンドフルール】フルコンプ感想
2015年09月26日 (土) | 編集 |
キャラ別感想に続いて、フルコンプした感想です♪





※ネタバレ及び辛口を含む場合があります。
読み進める場合は、個人の責任でお願いします。

≪総評≫

レンドフルールは基本、悲恋がベースになった作品だと思うので、好みがハッキリ分かれる作品だと思います。


HAPPY EDは、通常の乙女ゲームみたいなものではなく、他のキャラや何かを犠牲にした上でのHAPPY EDだし、忠誠EDは、通常の乙女ゲームでいうBAD EDに近いものだと思うし、BAD EDはほぼ「死」がついてまわるし、キャラ達の背負ってるものが重すぎるし、合わない人は本当に合わないんだろうなと思いました。


でも、私はこの作品は好きです。


悲恋はあまり好きではないのですが、この作品のように何か理由があったり、相手を想う気持ちがあっての悲恋とかであれば大丈夫なんです。胸は痛くなりますが…


この作品もヴィオレットは自分のことより、パルテダームや騎士達、ソルヴィエルを優先して考え、自分の幸せは二の次。まぁ、中には自分の幸せ優先した結果のEDもありますが、それはそれで仕方ないと思う。でも、ヴィオレットや騎士達の強い想いは、誰かが「死」を迎えることになっても応援したくなる、そんな作品でした。


もし、FDが発売されるのであれば、HAPPY EDのその後はもちろん、忠誠EDやBAD ED(一部でもOK)のその後も描いてもらえたらなと思いました。


もっと幸せな彼女達を見たい、FDが欲しいなと久しぶりに思えた作品でした。


あ、FDが出る場合は、ミレーヌとゼロの恋の行く末も追加して欲しいし、もし可能なら四蝶やエンジュと亡き夫の話なんかも見たいなと思いました。


きっとFD出るよね…
お願いします、オトメイトさん!
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可