FC2ブログ
【Starry☆Sky~After Spring~】東月錫也
2013年02月27日 (水) | 編集 |
こんにちは。

昨日からスマホの電源が入らず、困ってます。

普通なら急いでショップへ持って行くのですが、娘が胃腸風邪気味で昨日は全く動けなかったのと、電源が入らなくなったのが夜だったので、そのまま放置しました。今日は娘も体調落ち着いてる感じなので後でショップへ行って来ようと思います。











さて、スタスカ後春の一人目を終わりました。
一人目は、オカンこと、錫也です。


実は私、春の中では錫也が好きなのです。
なので最初に特攻しました!w


長くなりそうなのと、EDがめっちゃネタバレした内容なので畳みます。


この錫也ルートでは、

第一部:錫也のヤキモチと独占欲
第二部:初めてのクリスマスと受験
第三部:月子のヤキモチと独占欲

の三つにわかれてる気がしました。


全部の感想は書けなかったのですが、私なりに感じたことを書いてみました。
どうぞ~☆
錫也を一言で表すなら、真面目!
それしかないと思いました。


思春期の男の子なら本能で動きかねないようなことも、ちゃんと理性を働かせるところが真面目だなと思いました。


こんなに大人でいいんだろうか?


もっと高校生らしい感情を持ってもいいんだぞ、と思ってたら、ちゃんと錫也にも普通の感情がありました。大人でも「オカン」でもない、彼氏としての感情が。


ヤキモチと独占欲。


まぁ、好きな子がいれば当たり前の感情ですよね。


もし、これすらなかったら、どんだけ大人なの?って感じです。
いや、大人だってヤキモチや独占欲はあるんですから、大人っていうより神?w


そんな錫也の唯一の?等身大っぽい感情も月子の一言で閉じ込めちゃいます。


「錫也ならわかってくれる」


ん~、確かに頭ではわかってても気持ちがついていかないってことがあるんですよね。月子はそこをわかってあげれなかった。っていうより、彼女にはその時点ではわからない感情だったみたいです。というのも、大学生になるまで、錫也の周りに女の子が群がるという状況がなかったので、月子には持つ必要のない感情だったんでしょうね。


仕方のないことです。男子校同然の学校で過ごして、錫也と恋人になったんですから、錫也が自分だけを見ててくれるのは当たり前のことですよね。そうですよね。幸せです。


一方で錫也は、毎日、この二つの感情と闘ってるんですから、大した精神力です。


月子の「錫也なら…」の言葉で、自分の気持ちを押し殺し、大人になろうと、理解のある彼氏になろうと必死になる錫也の様子がせつなかったです。


月子も錫也に聞くものの、中々本音を話さない錫也に若干、イラッとしましたが、半ば強引に月子が詰め寄った文化祭の日、ようやく本音を語り、めでたく仲直りします。


まぁ、月子も月子ですが、錫也も錫也ですね~。二人ともお互いを想う気持ちが強くつい、遠慮しちゃうというか、無理をするというか、なんというか…それがこのスタスカというゲームの特徴なんでしょうけどね。


私からすれば、どっちもどっちという感じですw


でも、このヤキモチと独占欲というテーマは、二人が大学生になった時にも浮上する問題なだけに、この段階ではまだまだ序の口といった感じでしょうか。


少し大人になった分、すれ違いが多くなった分、簡単なようで難しい問題なのかなという気がしました。


隣に住んでるのにすれ違うって、どういうこと?と思いましたが、大学生って自分が受けたい授業を選択するから、いくら恋人とはいっても学びたいものが違えば当然、授業も違う。ましてや部活やバイトなんて始めれば、更にすれ違いになってしまうよねぇ。


でも、親友の真琴が「言葉は気持ちを伝えるためにある」というくだりのところが感動しました。その通りだな!と。


何で他でもない人間だけが言葉を使えるのか。


まさに自分の気持ちを相手に伝えるため。
言葉にしなきゃ伝わらない気持ちを伝えるため。


それ以外に理由はないと言わんばかりの説得力でした。


そのおかげで、二人はちゃんと向き合って、言葉で気持ちをぶつけあい、仲直りをします。


私が大好きな夏組の犬飼くんもそうですが、スタスカってサブキャラがものすごく素敵なアドバイスをするんですよね。もう他のゲームにはないくらい、たまにハッとさせられるようなことを言うんです。


今回の後春、錫也では真琴がその一人でした。
私にとって、かなり感動した言葉でした。


EDですが、EDは三種類でBEST ED、GOOD ED、NORMAL EDでした。


BEST EDは、結婚して一年後のお話でした。
本編のBEST EDのエンドロール後にあった結婚式の続きといった感じです。


まぁ、言うまでもなく二人は幸せそうでした。


錫也が家事をしたり、月子がしたり、二人で決めたルールで生活してるようで、見てて微笑ましくなりました。そして、相変わらず星が好きなようで、お菓子を食べながら星を見ようと二人仲良くベランダで月を見ます。その時、錫也が月子を後ろから抱きしめ、毛布にくるまるんですが、こういうのいいですね。


かなり、好きです、そういうの。
後ろから抱きしめられるのに弱いです、私w
私もやってほしい!w


GOOD EDは、同棲を始めたお話でした。


錫也のモノローグで進むのですが、結婚してなくても、月子が隣にいるのが幸せ、月子の笑顔が見れるのが幸せ、とにかく俺は幸せなんだ~!!!という想いが伝わってきました。


やっと月子を独占できるようになった、そんな感じでしょうか。


NORMAL EDは、結婚式について語り合うというお話でした。


同棲を始めた二人が、テレビのウエディングドレスを見て、結婚(式・生活)についてお互いの描いてることを語るのですが、もう勝手にやってよ~と目を背けたくなるくらい惚気まくりな二人でした。


どんなドレスがいいだとか、子供がどうだとか…


結婚を夢見る二人なら仕方のないことだとは思いますが、見ているこちらはお腹いっぱい、ご馳走様!って思うほどバカップル状態でしたw


というわけで、長くなりましたが、錫也終了です。
あ、Extra Storyはまだやってなくて最後(全員攻略後)にやろうと思ってます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可