FC2ブログ
【薄桜鬼ポータブル】風間千景&ノーマルルート
2011年07月28日 (木) | 編集 |

まだ、土方歳三レポは書いてませんが、とりあえずメインキャラを終えて、最後はサブの風間千景とノーマルルートで終了となりました。


鬼の頭領である風間千景は、子孫を残すために千鶴に近づき、嫁に迎えることが目的で千鶴本人には興味がなかったようです。



何てひどい男!!!



って思ってたんですが、悪役のくせに声がものすごくよくて、めっちゃ私好みの低音。風間が何か話す度、ドキドキしてしまうほど…


千鶴の気持ちは無視。鬼の繁栄のことしか頭にない風間千景ですが、羅刹となった綱道をやむを得なく殺され、泣き崩れる千鶴をそっと抱き寄せたんです!


あの唯我独尊の鬼の頭領がですよ!千鶴を子を産む道具としか思ってない鬼がですよ!



何て優しさ!



泣いてる女性を抱き寄せるなんていい男ですね~。


そして、新撰組の最後を見届けたいと言う千鶴に付き合って蝦夷まで同行しちゃったりして。



千鶴と一緒にいるうちに女鬼というだけでしか興味なかった風間ですが、どうやら千鶴本人に興味が出たようで、



「おまえが気に入った」



といってキスしちゃいます!!!



「今の口づけは俺とおまえが他人ではない証だ」



きゃ~。


「気持ちの整理がついたら俺のところにこい。いや、おまえが来なければ俺が迎えに行く」



と言い残して去ります。



もう、ドッキドキでした。ヤバかった~。



早く迎えに来て!って感じで随想録が楽しみになりました。



この人ともっと甘い?恋愛関係になってみたかったな~なんて思ったりして。



さて、ノーマルルートでは風間とは蝦夷で別れ、新撰組のみんなと過ごした時間を思い出して終了です。



最後のスチルが幹部の後ろ姿なのですが、それが何だかものすごくせつなくて胸が締め付けられました。このノーマルルートではほぼ戦死した設定な感じだったので余計に…



薄桜鬼ポータブル、思ってたより楽しませてもらいました。



最後に土方歳三の感想を書いて終了です。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック